<開催レポート>StartupBase U18 in 奈良

StartupBase U18 in 奈良で設立された5つの株式会社(模擬)について、事業内容とコメントをさせていただきます。

どのチームも、プロトタイプの精度が全国と比較して高く、顧客のもとに足を運んでいたチームは1チームと少し少なかったかなと思います。

様々な学校から参加者が集まり、初めてあった人にも関わらず、難題に挑むチームワーク&コミュニケーション力も高い人が多かったです。

この事業アイデアに関わらず、人生をかけて取り組みたい課題に出会ったら、それが仕事につながっていくので、

その時はぜひ、Lean Startupのまずやってみよう!という考えを思い出してもらえたら、これ以上嬉しいことはありません。

会社名 事業内容 最終審査のデモへのコメント(SBU18)
株式会社CORDINATED 洋服が好きな人がコーディネイト提案した服を、購入したり、その人に自分の持っているアイテムをもとにコーディネイトをお願いするサービス 【Wear】など既存のアプリとの差別化が気になったが、ファッション大好き4人組の学校を越えたチームワークが非常に良かったです。また、ファッションに関しては、世代ごとに購買行動やブランドのセグメントがあるので、競合があっても、後発でも、あれだけの熱量があれば、一定の市場がとれるように思います!とにかく実践あるのみです。
株式会社田中組 サービス名は「大人構文」生徒会長をしている起案者本人が、先生などに対して正式文書を書く際に、とにかく調べながら書いたりの作業に時間がかかるという悩みを解決するサービス。サービス形態としては、ブラウザ拡張機能 Startupは特定の課題を解決しているプロダクトであることが成長条件と言われていますが、当事者意識の大きい、課題にフォーカスしている点が、ブレずに2日間、事業開発できた理由だと思いました。また、質疑応答の際に、「コミュニケーションがStartupだとカジュアル化してきているが(必要性が薄くなってくるのでは?)」という質問に、まずは、フォーマルな文書が必要な就活市場や新入社員研修市場を狙うと、絞っていたのは素晴らしい。
株式会社Mati Run Run 病院で2時間待ったという経験から生まれた、病院の待ち時間を楽しく過ごすためのサービス。待ち時間は無くせないので、待ち時間にカフェなどで時間を潰し、自分の番が近づいたらLINE友達追加でわかるサービス。 まず、顧客の元へ足を運んで会いに行っていたのはこのチームだけだったので、高く評価できる。(20キロ電車を漕いで、壊れてしまったHARUTAの靴....)その結果、病院の待ち時間は無くならないと判断し、待ち時間を知らせることで、カフェなどで時間を有意義に過ごせるというところに着地した判断力とディレクションが素晴らしかった。
質疑応答で、「いきなり具合が悪くなった人はそれどころではないのでは?」という質問に、耳鼻科と皮膚科がターゲットなので、体調はそこまで悪くない人がターゲットと絞り込まれていたのも◎
株式会社Village Food 起案者のお母さんが献立を栄養やレパートリーなどを考慮して考えすぎて、作る時間がなくなってしまうという課題から生まれた献立提案サービス 解決したい課題がとても明確で、エピソードも起案者の母と特定されていた。が、料理や献立関係は市場が大きいだけに、料理本やクックパッドや献立提案サービス(ミーニュー)がある中で、なぜVillage Foodのメニューだと解決するのか?が、わからなかった。
プロトタイプは精度高くできていたが、ターゲットのニーズに合ったものになっているのか?という擦り合わせ不足があったので、起案者のお母さんのような人を5人くらい募って、インタビューすると良いだろう。
かまちゃん株式会社 奈良市に特化した、地元の人しか知らない観光名所を、地元の方や、商店街の人が情報をアップし、更新していく情報サイト 奈良をもっと発信したいという思いから始まったサービスだが、ビジネスとしてサービス化するときに非常に苦労したと思う。サービス供給側の「こんなのがあったらいいと思う!」ベースでなかなか、旅人側のニーズのリアリティが湧かなかった。メンタリングやローンディールの機会に「情報サイトのままだとダメだ」「関係人口を増やすという目的だと情報以上の接点が必要」など、いい気づきを得ていたので、もう少し、マーケッターとディレクターで方向性が示せると良かった。元筋金入りのバックパッカーで旅が大好きなので、辛口コメントになってしまいました。

 

【事後アンケートより参加者の感想】

<開催レポート>StartupBase in 札幌

5つの株式会社が誕生しました!まだまだブラッシュアップが続きます

模擬会社名最終審査時点での事業内容・森コメント記入(2022/8/8)
Stop ASE株式会社リュックを体から浮かして汗をかきにくくする緩衝材的なもの
チームワークがよく、百均で材料を買ってずっと手を動かしながら3人で協力してプロトタイプを制作していたのが良かった。高校生のリュック使用率と、リュックメーカーとしての解決ではなく、個人の好きなリュックにアタッチメントしたいというニーズは譲れないということなので、「売れる」商品にするための実現可能性をどのようにデザインするかが要。
株式会社いっぱいぽてちポテチのサブスクリプションサービス。既存のメーカーのポテチをパッケージして、顧客の好みに合わせて4つの商品をお届け。商品と同じくらいの値段、送料がかかるのを負担するインセンティブは?
送料問題を解決する手立てとして、お菓子メーカーのサンプリングニーズなどをリサーチしてみて欲しい!
株式会社しばハウス高齢者向けマンスリーシェアハウス。1人暮らしの元気なお年寄りが寂しそうにしていることと、介護施設は高騰化している問題を解決したい。解決したい課題がとても素晴らしいし、アクティブシニア向けの市場はこれからどんどん拡大していく。解決方法として、不動産事業となると、高校生だけだと運営できないので、まずは、イベントから回を重ねてほしい!!!
Kanri株式会社二人のチームワークと集中力が凄まじかった。忘れ物防止のためのリマインダーを作るも、リマインドを登録する作業が面倒という問題を、音声登録とし、さらに、リマインドする際も音声をそのまま流すという全て音声で解決するプロダクトが面白かった。審査員の松井さんから、高校生は持ち物がある程度「統一」なのであれば、リマインダー自体をシェアできるのではないか?というアイデアもいただきました。2日目は1人で3役頑張りました!
株式会社ティーチングマッチ高校生同士で数学に限定し、答えを見てもわからないところを教え合うアプリ。オンライン家庭教師と違って、教える側のインセンティブをお金ではなく、教えることで自分のためになる、相手の成績が上がれば嬉しいというインセンティブ設計が当事者ならではの発想。本当に、それで教える側が保たれるのか実証してほしい。
Prottを使ったアプリの画面のプロトタイプの精度が素晴らしかった。
StartupBaseU18 in 札幌

8/20-8/21 StartupBaseU18 in 奈良開催

奈良県教育委員会さん主催のStartupBase U18 in 奈良が開催決定しました!

東京都や地方都市以外の39都道府県において、子どもたちは進学のタイミングで他県に流出するため、進学者数の純流入(流入-流出)がマイナスになる。(※RESAS人口マップ 2019年データ)よって、地元の課題を知り、地元の課題解決のために考え、行動する機会は「高校生」がラストタイミングとも言える。

また今月、政府が策定するスタートアップを育成するための「5か年計画」に、先行する大学でのアントレプレナーシップ(起業家精神)教育の裾野を広げ、小中学校や高校への働きかけを強化する方針を明記することがわかった。 このような流れから早期起業家精神を醸成を目的として東京都以外に札幌市・仙台市・神戸市などの経済産業局や地方創生局と共催で起業体験プログラムを運営してきた。今回のように教育委員会が主幹となり主催、運営受託するのは初めてとなる。

プレスリリースはこちら(PRTIMES

参加受付は、奈良県さんのホームページより。県教委主催のため、学校の先生が参加を取りまとめています。

参加したいけど取りまとめの先生がわからない場合、プログラムについて、取材については、

info@startupbase-u18.comまでお問合せください。

これまでの地方自治体共催

 

「起業家精神」教育、小中高で強化…新興企業育成「5か年計画」に明記へ

「起業家精神」教育、小中高で強化…新興企業育成「5か年計画」に明記へ

 

政府が年内にも策定するスタートアップ(新興企業)を育成するための「5か年計画」に、小中学校や高校への働きかけを強化する方針を明記することがわかった。先行する大学でのアントレプレナーシップ(起業家精神)教育の裾野を広げ、人材育成を後押しする。

この記事がYahoo!トップニュースになり、たくさんの方から

「これは追い風ですよね?!」

「この波に乗らない手はないよ」とご連絡いただきました。ありがとうございます!

経済産業大臣政務官の岩田和親様と意見交換させていただき、起業家教育にとても関心をお持ちのこと伺えました。

社会課題に対して非常に高まっている高校生の好奇心・関心を、「事業」として解決するという経験を通じて

解き放てる機会をつくっていけたらと思います。

骨太方針は2022年6月末に策定予定とのことで楽しみです。

 

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220528-OYT1T50212/

国立豊橋技術科学大学アントレプレナーシップ講座の教材を担当しましした

昨年発売したStartupBaseのワークブックを見て、お声がけをいただき、国立大学法人豊橋技術科学大学のアントレプレナーシップ講座の教材・動画制作を担当させていただきました

昨年発売したStartupBaseのワークブックを見て、お声がけをいただき、

愛知県にある国立大学法人豊橋技術科学大学のアントレプレナーシップ講座の
教材・動画制作を担当させていただきました。

発売済みのワークブックのコンセプトであるLean Startupをベースに、

  1. プロトタイピングの実践編(監修:株式会社エブリ 執行役員カンパニー長 岸田様)
  2. 課題解決を価値あるサービスとして提供するには?
  3. 競合がないと危険?!リファレンスの重要性
  4. 豊橋技術科学大の学生のプロダクトを紹介など、パートを拡張しカスタマイズさせていただきました。

今後、高専生向けの講座も開講する予定もあるとのことです!

また、アントレプレナーシップ講座紹介の動画も弊社で制作させていただきました。

https://www.youtube.com/watch?v=kJ-udzdFNKw

後半に出てくる学生さんの夏原さんのプロダクトがStartupに超重要な「Why Now」が振り切れていて事業化への期待しかありません!

取材の日に、大きなキャンパスの中をご案内いただきながら一緒に歩き回りながら色々とお話をしたのですが、研究や開発に没頭して日々過ごす中で、「事業化」という視座を持って進むには、研究室の先生が同じ方向(事業化)を見てくださること、産学連携の先生など周囲の方の理解、ハンズオン的なサポートが必要だったと話していました。

そして、「事業化することこそ夢」と力強く語るに至るまでには、技術や専門性の成長以外に、「自分(の強み)を知る」ということが重要だったと聞き、アントレプレナーシップ講座の必要性を強く感じました。

開催レポート<2022ゴールデンウィーク>

StartupBase U18 2022 ゴールデンウィーク開催レポート

森です!参加者の皆さん、2日間ありがとうございました!
開催レポートを書きましたのでお送りします!
今後も近況をお知らせいただいたり、プロジェクトの
アップデートの報告いただけたら嬉しいです。
StartupBase U18をはじめて以来、
「こんな高校生がいるのか!」と毎回、驚きの連続だったのですが、
今回は、「こんな風に世の中を自分の視点で見てるんだ」という
視点への驚きが強くありました。
コロナ渦のせいなのか、そうではなくともなのか、
身近な衣・食・住の課題、社会課題などに日頃から向かい合っている
のがよく感じられました。
それでは今回設立した会社ごとに振り返ってみたいと思います。

◆Eatoo株式会社(子どもの孤食を解決!オンライン共食事業)
まず会社名のネーミングセンスが鳥肌レベルでナイス!
SBU18参加以前に、子ども食堂を訪れていた起案者。課題の背景として
「経済的貧困層」というより、共働きで小4ー小6がお留守番している
ケースが一般的になってきているということを指摘。
さらに、兄弟がいても子ども同士だとあまり会話が成立していないなど
リアルな悩みもヒアリングから伺えたそうです。
最優秀賞を取った理由は、「実際にやってみたということ」くわえて
ゴールデンウィークは「毎日開催します!」と宣言。そして実際に
告知していたからでしょう。発表のイラストもわかりやすかったです。
二人チームでそれぞれの強みを分担してどんどん進めていたのも
GOODでした。
◆株式会社About me(性教育を広める事業)
性教育を広めたいという思いと、1ミリ足りとも恥ずかしげなく堂々と
語るメンバーにまず驚きと同時に、素晴らしいという気持ちが湧き上がり
ました。個人的なことですが、つい1週間前にキャンプをした同世代が
小学生の親で、「どのタイミングでどのように伝えたらいいかわからない」
「何を伝えたらいいかわからない」と聞いたばかりでした。
審査員の控室でも、About meのテーマ設定が素晴らしいと持ちきり。
もしかしたら思いが強すぎて、少し事業内容が「どの課題を解決したいのか?」
フォーカスできなかったのかもしれない、と思いました。
「性教育をきちんとするべき」と思っていながら困っている親は前述の通り、
非常に多いです。
高校生が運営するという強みを客観的に見つつ、親世代へのヒアリングを
15人以上1対1でオンラインでもいいので(アンケートではなく)
会話形式でしてみると、課題の絞り込みができると思います。
ぜひ、形にして欲しいです。
◆株式会社Care Daddy(お父さん育児を広めよう)
高校生がお父さん育児に対してなぜこんなに思いを持っているのだろう?
そもそもお母さんはどんな不満を持っているのかなぜこんなに知ってるんだ?
と、驚きのテーマだったのですが、チームメンバー二人ともこの課題がとても
身近で、当事者意識を強く持っていることがわかりました。
このチームも、ベビーシートを新米パパに譲ることを実際に仲介して、
成功していたのは素晴らしかったと思います。
メルカリと比べて、お父さんがCareDaddyを使う理由をサービスの仕様で
示せる(SHOW)とよかったと思います。例えば、お父さんの顔写真、
子どもの人数、などプロフィール欄を作ってみるなど、些細なことでも。
それが、アイデアを形にする。思いを形にすることなんです。
その思いを形にしたとき、Care Daddyを心待ちにしていたお客さんが現れると
思います。
すごく大きな、そして複雑な問題が絡み合っている社会問題に
チャレンジしているので、さらにターゲットを絞り、解決策を考えて
みるのも良いかもしれません。
------
まずは、ぜひチームメンバーでも、個人個人でもいけるところまで
活動を続けて欲しいと思います。チームメンバーに学校のメンバーを
スカウトしたチームもいました。
来週から3ヶ月の探究ラボも始まります(火曜20:30-,木曜20:30-)
続きをやりたい人もぜひチェックしてみてください。
それでは、また会う日まで!
本当に参加ありがとうございました。
みんなに会えて嬉しかったです。
StartupBase U18 オンライン探究ラボ(3ヶ月)

現在参加者募集中のプログラム

3ヶ月でプロジェクトローンチを目指す”StartupBaseU18 探究ラボ”

1、オンラインで世界中・日本全国から参加いただいている探究ラボ。

3ヶ月間、毎週1回じっくりと(と言っても、みんなあっと言う間で最後焦りまくっていますが...)、アイデアを実践していきます。

社会問題は、社会問題として捉えたままでは大きすぎて解決できません。

社会問題を、「誰かの」「課題」というところにブレークダウンし、その課題を抱えている人を対象にアプローチすることで課題解決のプロジェクトを実行します。

現在、2022年5月スタートの参加者を火曜日 or 木曜日で募集中です。詳しくは、「StartupBaseU18探究ラボ」特設サイトをご確認ください。


2、二日間の会場開催2DAYS!!

今年は朝日新聞本社(東京築地)の会場をお借りして、ゴールデンウィークの初日【4/29(祝)-4/30(土)】に開催します!

※参加受付中(先着25名)です⇨https://peatix.com/event/3202291/view

 

探究ラボ生(オンラインプログラム)募集(2/14締切り)

2020年にコロナではじめたオンラインのStartupBaseU18探究ラボ。

2DAYSの会場開催ができなくなってはじめたのですが、日本全国どこからでも、

海外からの参加もあり、たくさんの新しいプロジェクトが生まれました。

3ヶ月間、後半の6回は個別のプロジェクトを毎週アップデートしていきます。

 

プロジェクトのSNSアカウントを開いてお客さんにアプローチしたり、

最後は全員がプロジェクトのサイトを公開するところまで挑戦するので、

本当に「もう終わっちゃう!」「間に合わない!」と結局2DAYSと同じように、

時間が足りないくらいです。

ラボとラボの間の1週間に、他の人に協力してもらったり、行動したりしているので

3ヶ月の最終ゴールで手応えのある成果まで到達できています。

 

現在、2022年2月スタートのラボ生を募集しています。

※毎週火曜or木曜 20:30−21:30 zoomにて開催

https://tankyu.startupbase-u18.com/

 

 

 

 

 

 

<開催レポート>2021冬休み2DAYSプログラム

今回は平日開催ということで少人数でしたが、その分、スタッフが
一人一人のチャレンジの瞬間をしっかり目撃することができました。

今回は3社誕生!!!!!!

①株式会社ピンプル
・・・自分の生活習慣(揚げ物食べた、睡眠不足、ストレス)を
ログることでニキビができるパターンを知り
人生の大切な日にニキビができなようにするアプリ

②株式会社すとっくるん
・・・電話が苦手、店員さんに話しかけるのも苦手な人のために
在庫確認を代わりにして、お取り置きまでしてくれるサービス

③株式会社プレゼントマスター
・・・誕生日プレゼントに相手が何が欲しいかわからないという悩みに
相手に欲しいプレゼントを登録してもらい、さらに複数人で割り勘して
集金できるサービス

初めて自分の好きなことや得意なことに気づいた人もいたようです。
表舞台であらたなチャレンジをすると「あ、もしかして自分は◯◯するの
意外に好きかも。」と気づき、「もっとこのチカラを伸ばしたいな」と
感じるものです。

今回、スタッフよりフィードバックもしていますが、他の人からの

フィードバックも参考にしつつ、自分で自分のチカラを発見したり、

肯定”したり、伸ばそうと思えることが何より素晴らしいことなので、

それに繋がれば、StartupBaseとしては万々歳です。

次回の2DAYS会場開催は、春休み3月末の開催です!

またオンラインの起業体験プログラム”探究ラボ”は2月スタートメンバーを募集中です。

 

JASSO主催大学向けアントレプレナーシップ教育ワークショップ参加レポート

ワークブック発売をきっかけにJASSO主催の大学向けアントレプレナーシップ教育ワークショップに企業枠でお声がけいただき参加させていただきました。

20大学ほどアントレプレナーシップ教育に関心のある大学様(主にキャリアセンターの職員の方)が参加されており、関西大学様のアントレプレナーシッププログラムHack Academyの取り組み紹介を筆頭に、大学におけるアントレプレナーシップ教育の実践と関心の高さが伺えました。

ディスカッションの論点としては、

①大学としては、アントレプレナーシップ教育で起業家を育成すると言うわけではなく、自分のキャリアや人生を切り開く力、デザインする力を醸成していきたいとこと。

②キャリアセンターとしては「就職率」が指標になり、就職以外や就職以前のマインドセットに注力した取り組みがしにくいが、Hack Academyのように低学年からの就職とは切り離した「自分のキャリアをデザインする力」を身につける取り組みが欲しい。

 

アントレプレナーシップはまだ定義が曖昧で非常に広義で使われているワードなので、
プログラムを行う際には、運営者として大学としての目的設定(何のためにアントレプレナーシッププログラムを行うのか?)からすることをお勧めしたいです。

「どうしたらいいアイデアが出るのか?」
「どうしたら学生が主体的に行動するスイッチが入るのか?」など様々な悩みを大学様より伺いましたが、プログラムとしての「達成」を何にするかは主役である学生と共有する必要があると私たちは考えています。

すなわち、そのプログラム自体の目的を参加する大学生に対して「評価基準」に落と仕込む必要があります。
※ちなみに、StartupBaseでは、(1、アイデアの価値 2、プロトタイプの設定 3、価値の証明)を評価基準にしています。

アイデアも取り組む課題も自由で良いと思いますが、学生に「何を目指して取り組むプログラムなのか?」を評価基準として最初に提示することは、教育プログラムとして外せません。

StartupBaseアントレプレナーシップワークブックはこちら(Amazon)から

 

StartupBaseU18の

News Letterをお届けします!