コラム/自分のオリジナルブランドを立ち上げるには?!

洋服・食品・化粧品など、オリジナルブランドで商品を作る一番早い方法は?!

YouTuberやインフルエンサーが、アパレルブランド(洋服)や、食品、化粧品などのオリジナルブランドを立ち上げて販売しているのはよく目にすると思う。

有名な芸能人やYouTuberであれば、いろんなお誘いや提案が持ちかけられることもあるだろうが、普通の人でも、ブランドは実は立ち上げることができる。

StartupBaseU18の探究ラボのファシリテーターをしている吉村くんも、この間、ノンアルブランドを立ち上げて、第1段のノンアルゆずハイボールをクラウドファンディング中である。

今日は「OEM」という方法で、ブランドを立ち上げる方法をお話ししたいと思います。

このOEMという言葉、社会人の人はどこかで耳にしたことはあると思うが、
この間新人研修でお話しした時は、知っていたのは1人。
ゆずハイボールの吉村くんも、ICUの大学の友達は誰も知らなかったと言ってました。

OEMとは”Original Equipment Manufacturing”の略で、簡単に説明すると、
ブランドを立ち上げたい人が、工場やメーカーに依頼して生産する方法。
ブランド主は、自分。どんな製品を作りたいか、仕様を指定しながら製品化できる。

なんでも自分の手で売れるものを、と考えるとなかなかクオリティが出なかったり
大量生産が難しいけど、プロのメーカーに作ってもらえれば、それも叶う。

吉村くんだったら、「ノンアルコール飲料 OEM」などと検索して、
50社くらい、電話やメールで問い合わせをした中から、委託先を決めたらしい。

プロのOEM先に生産してもらうことで、初期の設備投資などは必要なくなる代わりに、
最低ロット(OEM先に生産してもらうための最低の依頼数)が決まってくる。

これはOEM先や、商品の単価にもよるが、
飲料のような比較的安価なものであれば、500本などから。
これは本当にピンキリなので、条件の合うOEM先を探すしかない。

そして、ほとんどのケースで、生産分(OEM先)を先にブランド主が買い取り、在庫を持って販売していく。ブランド主になるあなたの注力は、販売になる。

いろんなブランドの商品、
どうやって作ってるんだろ〜と思ってた人に
少しでも裏側が見えるキッカケになれば嬉しいです。

そして、何かブランドを立ち上げたい!と思った時、選択肢を知っていると知らないとでは
初動が変わってくると思います。もちろん、OEMのデメリットも多少あるので調べてみてね。

次は、福岡の離島でイノシシでペットフードブランドを作った友人の事例を紹介したいと思います!

 

 

 

<7月スタート探究ラボ>新規ラボ生募集のお知らせ

オンラインでゼミ型でプロジェクト実践しながら学ぶStartupBaseU18の探究ラボ!

高校生・高専生むけ起業体験プログラム”StartupBaseU18”の3ヶ月間全12回のオンラインラボ。7期生の募集です!

①毎週火曜 20:00-21:00 7/6スタート(高校生対象・学年不問)
②毎週水曜 19:30-20:30 6/30スタート (高校生対象・学年不問)

3ヶ月間全12回のうち、前半6回は商品やサービスのケーススタディを

しながら、社会を解像度高く見る自分メガネを磨いていきます。

普段、消費者として買ったり、使ったりしている商品・サービスの作り手側

(企業側)を探ることで、自分が新しいプロジェクトをつくる時のポイントが

見えてきます。

後半は、それぞれのアイデアをプロジェクトとして実行していきます。

プログラムはこちらの探究ラボのサイトをご覧ください。

公開ラボとして体験会も、6/22(火)に実施することになりました!

中高生でしたらどなたでもご参加いただけます。

こちらは、Peatixからお申し込みください

<探究ラボ>新規ラボ生募集中です!

オンラインでゼミ型でプロジェクト実践しながら学ぶStartupBaseU18の探究ラボ!

6期生を募集しています!

火曜 19:00-20:00, 20:00-21:00

水曜 19:00-20:00

どのゼミもStartupBaseでは学年関係なく学びます。

高校3年生で海外大出願、国内総合選抜出願のための活動証明などは個別対応しています。詳細は探究ラボのサイトをご覧ください。

https://tankyu.startupbase-u18.com/

 

 

日本経済新聞に「起業家教育のオンライン実践」としてStartupBaseが紹介されました

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG1923D0Z10C21A1000000

日経新聞の起業家教育特集に、今年の4月からリリースになるStartupBaseU18 for Schoolのオンライン教材のことを取り上げていただきました!

記事に鹿児島純心さんで昨年試行とありますが、コロナで予定より早く遠隔にせざる得なかったのが実情。そんな中、学校にはファシリテータとして末吉先生がいてくださって、学校の卒業生や鹿児島の地域の起業家の方がメンターとして同じくzoomで登場。

急遽、一大イベントが遠隔になってしまったことに心配した校長先生や教頭先生が見守ってくださり、先生とうまく連携できたことは、ずっと目指していた理想系でもありました。

たくさんお問い合わせいただいています。
ここからこの学びを学校に展開していきます。

【開催レポート①】StartupBase with 長岡高専-準備編-

2020年10月16日 -17日、半年間に渡る準備を経て、始めて高専生向けのStartupBaseを開催しました。準備編と実施編と2回に分けてレポートします。

思えば、StartupBaseU18をStartupweekendU18で実施した記念すべき2014年の第1回目の時、東京市谷の開催にもかかわらず、縁も遥々、宮崎県の都城高専から飛行機に乗ってソロ参加してきた超・エネルギッシュで前のめりな川崎くんという高専生がいた。彼との出会いによる驚きと感動は、StartupBaseを作ってこのプログラムを継続しようと決意したキッカケの1つだったと思う。

馴染みのない人もいると思うので書いておくと、「高専」とは、全国に51校ある5年間の一貫教育を行う高校専門学校。今回実施した新潟県長岡市にある長岡高専は、高専ロボコンで日本一になったりと、技術分野に特に長けている。

高専生曰く、5年生で卒業して大学に編入する高専生は6割とのこと。
なので、高校5年間➕大学2年間通うのが大多数と思うと、高校3年➕大学4年行くのと年数的に何の変わりもない。高校3年間で受験勉強となると、自由な時間はほぼ1年間と言えなくもないので、こう考えると高専5年間という余白は、主体的な進路選択をする上で、とても魅力的に感じる。

準備段階から、高専と長岡高専に対する期待と注目は全国から寄せられているのを感じた。長岡高専開催が決まり、Facebookで個人的にメンターを募ってみたところ、「私のFacebook見てたんかい!」な人まで続々と、連絡をくれた。

運営面でチャレンジングだったのは、大学生スタッフ。
コロナ渦での運営なので、東京から長岡に向かうスタッフは森1人にして、大学生スタッフチームを長岡で結成。今回、協賛をしてくださったフラー株式会社さんより、「ぜひ、長岡造形大の学生さんでチーム結成をお願いします!」と希望をいただいたのが奏功。

校舎に登校していない大学生にキャリアセンターからの募集がなかなか見てもらえず、3回もキャリアセンターから告知をお願いしたが、何とか4人の大学生が手をあげてくれて、ポスターのデザイン、Tシャツのデザイン、動画の編集など、制作面で色々お手伝いしてもらえて、とても良い出会いでした。

長岡高専側は、アントレプレナーシップ教育を担当している外山先生と、起業部の顧問でもある村上先生が担当してくださった。

高専は先生は、大学と同じように「教授」の役職で、中には先生ご自身が起業を目指していたりと、本当にエキサイティングな環境。

開催準備の期間、座組みや予算が決まるまで数ヶ月のやりとりが続いたが、
先生方が本当に親身になって開催までサポートしてくださったおかげで、

日時:2020年10月17日(土)18日(日)両日10:00-17:00(予定)
会場: NaDeC BASE(ナデックベース)JR長岡駅大手口 徒歩5分
〒940-0062 新潟県長岡市大手通2丁目2−6
主催:スナップ新潟、StartupBaseU18(まつりば)
協賛:フラー株式会社様 後援:長岡高専

■ 参加対象(先着順)
長岡高専生 25名
長岡市の中学生 15名

開催レポート2020夏_高校生がつくった4つの企業

誰にとってもいつもとは違う2020年の夏休み。
何をするにも思いっきりはできないような気持ちがしていました。
高校生にとっては、高校1年生も、2年生も、3年生も、たった一度きりの夏休み。

私たちStartupBase U18は、「挑戦を楽しむ人をここから生み出す」をミッションに高校生・高専生向けに起業体験プログラムプログラムを提供しています。
今年の夏は、全国津々浦々でのキャラバン開催をお休みし、東京のみ2daysのプログラムを開催しました。

今回生まれた高校生の4つのプロジェクトを紹介します。プログラムでは、2日間の間に株式会社を擬似登記し、全員が共同創業者として自分たちのサービスに顧客開発をするというところまでやります!

今回は、2018年夏に札幌から参加したSoyokaさんが、東京の大学に進学し、
スタッフとして参加。最終審査の内容を聞きながら、素晴らしいグラフィックレコーディングをしてくれました。

(株)太陽の光と農家の架け橋
環境問題への危機感から、起案者の丸くんが1年前からフィールドワークしていた農家が太陽光発電を行う農家向けのソーラーシェアリングの促進をしたいというプロジェクト。参入障壁が高い専門領域であり、自分たち高校生としてのポジションに悩みました。メンターに来ていただいた@Honey At Inc. CEO / Creative Directorの豊さんに、「行政や環境省は若い人が何を考えているか思っている以上に関心が高いよ」「自分たちしかできないこと、自分たちだけでも出来ることを思いっきりやるべき」というアドバイスを元に、Youtubeへの動画を撮影し始めました。
丸くんの驚くべき行動力に感化されてジョインした高1生の加納くんのキャッチアップの早さと、難題に立ち向かう出会ったばかりとは思えない二人のチームワークの良さが圧巻でした。

(株)ベジーズ
起案者の牧瀬さんがベジタリアン。行ける店が少ない!という悩みから「食べログのベジタリアン版」をつくろうと立ち上がった。1日目は、同じこと考えている別の会社がすでにあった….と発見して落胆。競合があることはむしろ攻勢なのですが、この場合は、掲載店舗数やユーザビリティが勝負となると同じ土俵で戦うのは微妙となりPIVOT. ここから同じ研究室に外国人の完全なベジタリアンがいる大学生スタッフ2人の助言もあり「ベジタリアンの友達と一緒に外食するとき、すごく店選びが超・大変!!!!」という課題に出会えました。一般のお店はベジタリアンメニューを導入するコストは非常に高いらしく、専門店から一般のお店へ「店配」することで、ベジタリアンの人と、ベジタリアンではない人が一緒に食事に行きやすくするという課題解決のアイデアです。これからますますニーズが増えそうです。

(株)G2G
おばあちゃん(Grandmother)と孫(GrandChild)のボイスオンリーのチャットアプリ!このチームも、最初はアクティブシニアなおばあちゃんとお店を繋ぐマッチングアプリから大きくPIVOT 。
「おばあちゃんのことが大好きで、声を聞いて安心をしたいけど、いざ、電話をかけるタイミングがない」という自分の声をまさにサービスに昇華できました。
「おばあちゃんってスマホアプリ使えるの??」という声にLINEを使っておばあちゃんに音声チャットを送信。するとおばあちゃんも音声で返信してくれました!
世代間の断絶を優しさが解決するという審査員の涙腺が崩壊しそうになったアイデアでした。

(株)ジョブライン
「大学進学予定の高校生だって企業でインターンがしたい!」という自分たちのニーズをもとに、企業と高校生のマッチングを行うサービス。このニーズは、何度か高校生から起案されたので確実にニーズがありつつ今、それを満たしているものがないし、進路を見据えた上で大学を選びたいということなんだろうと思います。
高校生のキャリアを考える上での情報をマーケティング情報としてベネッセなどの教育情報サービスに販売するという収益モデルを提案していたけど、どこがお金を出すかの検証がまだまだ足りなかったと思う。
高校生側のニーズは確実だし、社会的意義が非常に高いアイデアなので、収益モデルが確立できないとしても継続できる仕組みを考えて、まずは実行してほしい!(StartupBaseでやっちゃおうかな…?!)

 

次回、StartupHubTokyoさんのプログラムをStartuBaseU18で運営します!
アイデアを実際にローンチに向けてブラッシュアップしていきます。
ぜひ、ご参加ください。

https://startup-station.jp/eventseminar/TAA0103?event_id=E000100201

GWはアイデアピッチ大会開催します!

GWはアイデアピッチ大会(オンライン)開催します!
中学生・高校生は誰でも無料で参加できます。

アイデアをブラッシュアップしたい人、フィードバックをもらいたい人、
SBU18参加後にアイデアをupdateしたのでまた相談したい!という人(チーム)もぜひ、ご参加ください。

参加エントリー(無料)&詳細はこちら

5/10:本日ファイナリスト&動画を発表しました!

春休みのプログラムについて開催方針とキャンセル規定

<2020.2.28>
昨日、小中高全校休校要請が出ておりますが、現時点で、春休みのStartupBaseU18は予定通り開催予定です。
混乱の最中、学校が休みになって然るべきという考えもあれば、突然休みになって困るという高校生、ご家庭もあるかと思います。
StartupBaseU18は民間プログラムであるという立場、または不特定多数の大規模なイベントではないことを踏まえて、体調に問題がなく参加意向の高校生の機会を閉ざすことなく開催方針を決めました。
以下のキャンセル規定をよくお読みいただき、遠方より参加の方やご心配の方はキャンセルを承ります。
※学校開催のキャンセル規定はこれに含まれません。
—————————

こんにちは。StartupBase事務局の森です。
新型コロナウイルス感染症の流行で不安な毎日を過ごされている方もいらっしゃるかと思います。StartupBaseU18は本日2.25現在、会場スポンサーとも相談しまして春のプログラムを2つとも予定通り開催する方針を決めました。

除菌ウェットティッシュなど衛生状態に配慮した運営に務めるとともに、参加者の皆さんには別途、下記のお願い&体調面における注意事項をお読みください。

〇参加者のみなさまにお願い
少しでも安心安全の場を提供するために以下のことをお願いします
・イベント開催までの体調管理
・定期的な検温
・手洗い、うがいの励行
・体調不良を自覚した場合は参加を取りやめる判断も。キャンセルも今回のプログラムでは受け付けます。

〇会場における主催者側の対応は以下の通りです
・受付付近に消毒液・除菌シートを設置
・手が触りやすい場所(テーブルなど)を定期的に除菌シートで拭く
・飲料は提供を控えさせていただきます(水筒やマイボトルをお持ちください)

○キャンセル規定について
コロナウィルスを懸念してキャンセルされる場合は、3/13(金)まで申受けます。
チケット購入済みで、キャンセルをご希望の方は、3/13(金)までに主催者(info@startupbase-u18.com)までにお名前(フルネーム)をご連絡ください。全額返金対応いたします。 なお、3/13(金)以降のキャンセルについては承りませんので、予めご了承ください。 また期限内にキャンセルをお申し出の場合でも、もともとのお支払いが銀行振込、コンビニ払いの場合は、peatixの規定上、手数料500円が発生しますので、ご了承願います。

 

3/21-22の通常回については残席僅かです。
今回はキャンセル対応も申受けておりますので、参加を迷われている方はお早めにお申し込みください。

3/21-22 StartupBaseU18 通常回
3/28-29 StartupBaseU18 for Social Impact

https://startupbase-u18.com/

<本年もありがとうございました2019&Welcome2020!!>

受験が終わった高3生からプロジェクトリリースのお知らせが届き、全く年末の気配のないSBU18です。
 
さて、5年目の今年はたくさんのチャレンジが生まれました👏
スポンサー企業の皆さん、共催させていただいた市町村の皆さん、スタッフの大学生&代表、そして何よりたくさんのチャレンジを巻き起こして私たちを高校生ありがとうございました。
 
2月:Campfireと提携
3月:SBU18@朝日新聞メディアラボさん開催
5月:伊豆大島パッションフルーツ温泉農法
仏花付き墓参りタクシープロジェクト試行運転スタート
8月:SBU18@FreakOutさん開催
8月:神戸市さんと共催開催(継続)
9月:東京都U18プログラム「Brush up for Launch」受託運営
12月:SBU18@ファシリテータ3人目Shungoデビュー
来年もたくさんのチャレンジが溢れるプログラムでありますように!
1月25日:StartupBaseのアドバンスド版のBrush up for Launch(ローンチに向けたブラッシュアップ)を開催@東京駅します!
東京都主催のプログラムなので、参加無料です。
チームがあること、アイデアがあることが参加条件になっています。
今回は、MAKEYというみなさんの世代に大人気のプロダクトを学生起業で作ったCEOの中村さんがメンターで来てくださいます。これまた貴重すぎるのでぜひサービスLaunchしたいチームは参加を検討して見てくださいね。
https://startuphub.tokyo/event/brushupforlaunch-u18-vol2

StartupBaseU18の

News Letterをお届けします!