運営スタッフ

StartupbaseU18 運営スタッフ

森 真悠子 StartupBaseU18創立
株式会社まつりば代表

mayukomori千葉大学理学部卒。高校理科免許を取得。在学中に経産省インターネット博覧会のプロジェクトメンバーとして参加。NTTドコモ入社。imodeのサービス開発に従事しながら、週末に音楽や演劇の子どもワークショップを運営。どんどん便利な世の中になることを感じ、コンテンツ事業に興味が移り、教育分野へ。2007年ベネッセコーポレーション入社、高校生の進路支援・国内800大学の大学検索・情報サイトの開発や米国型入試調査に従事。退職後は、高校生・高専生向け起業体験プログラムStartupWeekndU18を創設。2014年7月株式会社まつりば設立。その後、U18部門の継続運営のためStartupweekndから独立し、StartupBaseU18を設立。趣味は、フラメンコと登山。

永石 和恵 StartupBase広報

トーマツベンチャーサポート株式会社 事業開発部 現職

nagaishi kazue

学生時代からネット広告ベンチャー企業へ参画。株式会社アドウェイズで人事・新卒採用を担当、2010年株式会社オプトに転職。新卒採用・中途採用を経て、人事育成領域を担当。2016年7月より現職。
StartupBaseU18では、言われたことをただこなすことやスマートさだけでは世の中で通用しないことを痛感出来ると思います。 そのアイデアのコアバリューの追究とその証明が必要になります。 最後の成果プレゼンは、「Demo or Die」と称していて、ただの受け売りや議論に留まった内容では全く意味を成さないのです。 そのために、広い視野を持って情報収集し、外へ出て行動に移し、仲間と協働しながらカタチにしていくプロセスを踏んでいきます。 はじめは戸惑っていた学生も、すぐに夢中になって取り組み始め、2日目には、ファウンダーとしての心意気が垣間見れるようになってきます。 自らの行動や体験から得られる学びやそこから湧き出る動機は、どんなに見聞きしたものより勝るものです。 私は、人事担当として、「どんなにフル装備でもガソリンがないと動かない車」についてよく考えてきました。 そのガソリンを注入するきっかけにこのプログラムがなると信じています。

 

松田 雄馬 StartupBaseハードウェア担当

yuma

2007年京都大学・同大学院情報学研究科修士課程修了後、東北大学大学院博士課程修了。大手電気メーカー研究所にて、無線通信の研究を通して香港にて現地企業との共同研究に従事。その後、大学と共同で、脳型コンピュータの研究を立ち上げ、現在に至る。教えられたことしかできない不憫なコンピュータに、自分で考えて判断できる機能(AI:人工知能)を与えるべく、日々奮闘中。研究活動の傍ら、技術ベンチャーに強い弁護士と共同で「若者が挑む世代間交流会」を立ち上げ、想いを創発する場としての進化を遂げる。

 

高橋 佳歩 StartupBase大学生スタッフ

慶応義塾大学総合政策学部1年生

kaho2014年冬のStartupBaseの卒業生。 現在は、物事を行う時の”コツ”を言語化するパターンランゲージを中心に勉強中。 学校外では旅行関係のライターとして、日々魅力的な言葉選びに奮闘中。 国内ホームステイ的な旅行形態、いわゆる”民泊”を広めていくことが目標。